一眼レフ初心者のための基礎知識と撮影方法

初めて一眼レフを購入した初心者の方はカメラの設定の複雑さや専門用語の多さにとまどうと思います。カメラの自動設定にまかせて撮影しても綺麗な写真を撮れますが、自分の理想とする写真を撮るために設定や技術を駆使するのが一眼レフの一番の醍醐味でもあります。

もっと一眼レフを理解し撮影を楽しみたい方のために、初心者からはじまり仕事で写真を撮るプロになるまでに勉強した一眼レフの勉強方法を順番に解説していきます。

一眼レフの勉強方法

一眼レフ上達のための勉強方法
正しい知識と試行錯誤の繰り返し

一眼レフ初心者が上達するためには、正しい知識をインプットして実際に撮影して確かめるしかありません。趣味程度の写真撮影からプロカメラマンになった経験から、成果の出る勉強方法をまとめました。

一眼レフの選び方一眼レフ初心者が初めてカメラを買うときのオススメの選び方 ボディとレンズで迷ったとき一眼レフはボディとレンズのどっちが大事?迷ったときの選び方
一眼レフの勉強一眼レフ初心者が上達しない2つの理由と失敗しないカメラの勉強法 手ブレしないカメラの構え撮影に慣れたら基礎の見直しを。プロが使う手ブレしないカメラの構え方
トラブルを回避するためのマナー一眼レフ持ち歩きによる破損とマナー。トラブルを防ぐジェントルの法則

露出

一眼レフは露出の仕組み
一眼レフは露出の仕組みを覚えることからすべてがはじまる

カメラの設定は絞り(F値)・シャッタースピード・ISO感度の3つです。すべてが相互関係にあり、この設定をいかに操るかでシャッターチャンスを多くつくり、ミスショットを減らし、写真の品質も最高のものにすることができます。

F値絞り値(F値)の理解が一眼レフ上達の最短の道。余すことなく解説してみよう。 シャッタスピードブレの原因シャッタースピードを攻略して一眼レフ初心者を卒業しよう
ISO感度今すぐ使える一眼レフで大事なISO感度の設定方法と考え方 3つの組み合わせ脱一眼レフ初心者!露出を覚えれば撮影の設定はプロと同じになれます

カメラの撮影モード

カメラの撮影モード
撮影設定のどこまでを自分で決めるべきかで使い方を分ける

撮影のシチュエーションによって、どの撮影モードを使い分けるかが重要です。すべてを自分で設定するとシャッターチャンスを逃してしまう場合もありますし、カメラに露出を任せては絶対に撮れない写真もあります。どの場面でどの撮影モードを使うのかを解説します。

絞り優先(Aモード)基本は絞り優先モードがおすすめの理由。F値の感覚をつかむのが上達のコツ シャッタスピード優先(Sモード)シャッタースピード優先の使い方と暗くならない(アンダーにならない)方法

スピードライト(クリップオンストロボ)

スピードライトの使い方
写真の失敗はスピートライト1つで解決できる

一眼レフ初心者ほど外付けフラッシュにより安定したいい写真が撮れます。光源を操るライティングは写真撮影を上達させるときに必ず必要に必要になる知識と技術なので、最初から触れているメリットは図りしれません。スピードライトを使用するとどのような写真が撮れるのかを解説します。一眼レフできれいな写真を撮りたい方には是非ともおすすめしたいアクセサリーです。

スピードライトのメリット写真が上手くなりたいならまずストロボ撮影。スピードライト買うべき理由 ライティングの基礎スピードライト1本で商品撮影も可能にする本格ライティング
スピードライトの応用ヤフオク・メルカリ用の写真に。スピードライトでのお手軽写真撮影方法

レタッチ・画像加工

フォトレタッチ
ベストショットは写真の始まりにすぎない

写真撮影だけでは写真出来栄えの半分程度。もう半分は現像処理によってクオリティーが左右されます。レタッチ技術はフィルム現像でも行われた技術であり、ベストショットをもう1段階上のレベルに引き上げることができます。デジタル一眼レフを使うのであればRAW画像のレタッチ技術・Photoshopによる加工処理は覚えておくべき技術です。

画像切り抜きPhotoshop初心者のための画像切り抜きテクニック Lightroom基礎デジタル一眼レフ初心者でも簡単に写真を加工できるAdobe Lightroomの7つの機能
Google Nik Collection無料でRAW現像環境を最高レベルにするGoogle Nik Collectionの使い方