同じカテゴリーで読まれている記事

登山はインナーで汗冷え対策!finetrackドライレイヤー

0
0
0
0
0
610

finetrackドライレイヤー

登山は肌に近いウェアほど重要だと考えています。なぜならハードシェルやダウンジャケットなどは条件によって着たり脱いだりをしますが、インナーはどんな条件でも、どの季節でも着るものだからです。

インナーを高性能なものに変更すると通年を通してのパフォーマンスの向上が期待できます。そんな中でおすすめしたいのがスキンメッシュと呼ばれるインナーのさらに内側に着用する装備です。

finetarckのスキンメッシュ・アクティブスキン・フラッドラッシュパワーメッシュミレーのドライナミックなどが有名です。私はfinetrackのスキンメッシュを多用しています。

肌に一番近いウェアで防水する

外からの水は通さないドライレイヤー

finetrackのドライレイヤーは外からの水を通しません。このように水を垂らしても内部には入りこむことなく、弾きます。

登山で防水というと、一番外側になるゴアテックスのハードシェルなどがまず思いつきます。その目的は肌に水を触れさせないことです。雨で危険なのは水により体温が奪われ低体温症になることです。

まずはハードシェルで雨をブロックする。最終防衛ラインとしてスキンメッシュを着ておくことで安全性の向上が期待できます。

汗の肌への付着を防ぐのが最大の魅力

中からの汗を通すドライレイヤー

スキンメッシュの最大の特徴は、外からの水を内部に入れない特性と、内側からの水分は外に出すという特性です。生地には小さい穴がありますので汗などはここから外に出て行くのでしょうか。

この特性はゴアテックスのウリである水蒸気は外に出し、外からの水をブロックするという特徴ににています。しかし、用途が完全に異なります。

ゴアテックスは汗を外に出すことはできない。

外からの水をブロックで、内側の蒸れを外に出すことはできますが、汗などの水自体は外に出すことはできません。
登山の山行中の運動量は相当なもので汗は常に出ています。歩いていると気にならないけれど、休憩した途端にものすごく寒いという経験は登山中級者以上の方なら誰でも経験のあることだと思います。これはほとんどが汗が原因です。

汗を外に出し、肌に直接触れさせない

肌に直接触れている水、つまり汗を外に出して肌に直接触れるのを防ぐのがスキンメッシュの最大の魅力です。常に肌がサラサラの状態を維持できます。
この効果は高所であるほど、風が強いほど明確に現れます。具体的にいうと北アルプスの稜線などです。アプローチほどの勾配がなく風が強いのが特徴です。それでいて景観が素晴らしいのでゆっくり歩いたり、写真を撮ったり、お昼休憩をしたりと運動量が落ちおるシチュエーションが多くあります。

その時に汗が風などで冷やされて一気に体温を奪われることはせっかく満喫していた登山に水を差すようなものですね。

少ない投資で効果が実感できる登山用品

冬でも防寒対策になる

登山用品は得てして高額のものが多く、機能性のTシャツなどでも1万円以上するものを少なくありません。

それにくらべスキンメッシュは4000円程度から導入することができますので、登山用品の中では比較的手を出しやすい価格帯です。

冬でも運動量の多い急登などでは汗が出ますので、防寒対策には効果的です。

finetrackさんでも唯一ライトユーザーにも積極的PRしたいと言うほどの商品

finetrackイチオシのドライレイヤー

国内企画・国内生産。いわゆるメイドインジャパンにこだわりヘビーユーザーほど認知と人気が高いfinetrackさん。新素材をためらいなく採用して商品開発を行うメーカーさんだけあって登山上級者向けのPRの仕方が多いです。

例えばシュラフのダウン・化繊に続く第三の素材ファインポリゴンの開発など、登山業界の常識を疑ってより良いものを作ろうとするコンセプトは非常に好感が持てます。

このようなアプローチをするfinetrackさんなので、ターゲットは登山中級者から上級者の琴線に触れるPRが多いのですが、このドライレイヤーだけは社員の方も「初心者の方ほど来てもらいたい」と言っている商品です。それだけ低コストで安全登山につながる自信作みたいです。

個人的にも安全・快適に登山するには必須のウェアだと思っています。

スポンサーリンク

0
0
0
0
0
610
finetrackドライレイヤー

この記事が役に立ったらいいねをしよう!

Facebookで最新情報をお届けします。

関連記事

現在使用中の登山装備