同じカテゴリーで読まれている記事

登山で使用するモバイルバッテリーの選び方2018年版

35
17
0
11
36
1028

登山に必要なモバイルバッテリー

登山を始めアウトドアを満喫するための電子機器が増えてきた2017年。登山道をナビーションしてくれるGPS機能つきスマートウォッチやYAMAPといったスマホアプリなど、登山の在り方が変わり始めた年だったといえるでしょう。

そうなると必然的に問題になるのがバッテリー。登山で電子機器に依存するほど電源が落ちた時危機的な状況に陥ります。コンパスと紙の地図を扱いオフライン状態でも自分の位置を正確に把握するのが第一ですが、スマホやスマートウォッチと合わせて使うことでより安全に登山を楽しむことができることもまた事実。

去年はあまり深く考えずにモバイルバッテリーを買ってしまい、実際に使うシーンを想像したら明らかにミスショッピングだったものが多かったため、登山に持っていくべきモバイルバッテリーを私が普段登山で使用しているギアを使って考えてみます。

登山で使用している電子機器

  バッテリー容量
iPhone X 2,716mAh
PRO TREK Smart 300mAh(予想)
SUUNTO SPARTAN ULTRA 300mAh(予想)
Zolo Liberty
Bose Quiet Confort 35 180mAh

アウトドア用のスマートウォッチのバッテリー容量が正確にわからなかったためApple Watchを基準に300mAhとして考えます。スマートフォンはiPhoneXで2700mAhなので3000mAhと考えればほとんどのスマートフォンに対応できると思います。充電はロスのない理論値で考えます。

日帰り登山で必要なバッテリー

日帰り登山で必要なモバイルバッテリー

アウトドアウォッチでGPSを使ったナビゲーションを使用しても日帰り登山でバッテリーがなくなることはなかったのでスマートフォンの充電ができる容量のモバイルバッテリーで十分でした。

  バッテリー容量 充電回数
スマートフォン(iPhone X) 3000mAh(2716mAh) 1
PRO TREK Smart 300mAh(予想) 0
Zolo Liberty 0
Bose Quiet Confort 35 180mAh 0
必要なバッテリー容量 3000mAh

現在使用してるのはバッテリ容量5200mAhのAstro M1(現行機種のAstro E1)ですが、日帰りなら46g軽いAnkerのPowerCore+ miniの方が良さそうです。程々の容量の1ポートのモバイルバッテリーはスマホを持っている人ならばほとんどの人が持っていると思いますので、今現在使っているもので代替できると思います。

Anker PowerCore+ mini
バッテリー容量 3350mAh
搭載ポート数
重量 80g

1泊登山で必要なモバイルバッテリー

一泊登山で必要なもモバイルバッテリー

小屋泊・テント泊では充電式の時計やスマートフォンはすべて再充電の必要がありました。SUUNTOのSPARTAN ULTRRAは設定次第、PRO TREK Smartはマップナビゲーションをすると必須です。

  バッテリー容量 充電回数
スマートフォン(iPhone X) 3000mAh(2716mAh) 1
PRO TREK Smart 300mAh(予想) 1
Zolo Liberty 0
Bose Quiet Confort 35 180mAh 0
必要なバッテリー容量 3300mAh

アウトドアウォッチ1つ+スマートフォンの充電が必要の場合は余裕を持って4000mAh以上のモバイルバッテリーが必要になります。できれば同時に充電できる2ポート搭載のモバイルバッテリーが理想です。

表には入れていませんが、現在アウトドアスマートウォッチのPRO TREK Smart WSD-F20SUUNTO SPARTAN ULTRAを左右に付けて使い勝手を検証しているため最低スマホと時計2つの充電が必要になり、1ポート目で時計の充電をし、完了したらもう一台、2つ目のポートはスマホ専用という使い方になります。

登山で使用するヘッドホン

ちなみに夏の北アルプスなどテント場が混雑する場であったり、一緒にテントで寝るパートナーのイビキがうるさくて寝られないときのためにノイズキャンセリングヘッドホンBOSE Quiet Confort 35を持っていくことにしています。特にイビキはほとんどカットしてくれるため山での寝付きが悪い人にはおすすめします。

より軽量性を求めて今年のはじめにANKERのワイヤレスイヤホンのZolo Libertyを購入したのですが、こちらはケース充電式で24時間再生できるためモバイルバッテリーは必要はなさそうです。

私が使っているのはAnker PowerCore Fusion 5000。コンセントから直接給電できるため登山の前に旅館に泊まったりする際、バッテリー充電とスマホや時計の充電が同時に行えるため荷物を少なくすることができます。

Anker PowerCore Fusion 5000
バッテリー容量 5000mAh / 18.5Wh
搭載ポート数 2
重量 189g

2泊登山で必要なモバイルバッテリー

スマホと時計を2回充電できるモバイルバッテリーが必要となります。

  バッテリー容量 充電回数
スマートフォン(iPhone X) 3000mAh(2716mAh) 2
PRO TREK Smart 300mAh(予想) 2
Zolo Liberty 0
Bose Quiet Confort 35 180mAh 1
必要なバッテリー容量 6780mAh

よって7000mAh以上のモバイルバッテリーがおすすめ。そのために購入したモバイルバッテリーがこちら

2日登山で必要なモバイルバッテリー

……ポート1つしかないorz
容量だけ見て運用を考えずにモバイルバッテリーを購入するとこのようなことになります。
もちろん充電が早いアウトドアスマートウォッチを先に充電してからスマホを充電すればいいのですが、めんどくさいのもまた事実です。しかし電子機器がスマホ一台で2泊以上の登山をするのでしたらこちらが大正解です。

Anker PowerCore Speed 10000 QC
バッテリー容量 10000 mAh
搭載ポート数 1
重量 198 g

本来ならば下記の2ポート以上あるモデルを買うべきでした。なので2泊以上の登山でスマホと時計を持っていく人は下記のモバイルバッテリーの方が幸せになれます。

Anker PowerCore 13000

大容量かつ2ポート搭載なので数日間スマートフォンを充電しつつPRO TREK Smartや Suunto SPARTANのようなアウトドアスマートウォッチを同時に充電することができます。

Anker PowerCore 13000
バッテリー容量 13000 mAh
搭載ポート数 2
重量 240g

2泊までの登山なら10000mAh以上のモバイルバッテリーがおすすめ

登山でおすすめのモバイルバッテリー

大は小を兼ねるという考え方をするなら10000mAh以上のモバイルバッテリーを持っていけば2泊までの登山に対応できそうです。

  バッテリー容量 ポート数 重量
Anker PowerCore+ mini 3350mAh 1 80g
Anker PowerCore Fusion 5000 5000mAh 2 189g
Anker PowerCore Speed 10000 QC 10000mAh 1 198g
Anker PowerCore 13000 13000mAh 2 240g

1泊以上に必要なバッテリー容量になろうと重量はどれも似たり寄ったりになります。スマートフォンと何かの電子機器を同時に充電する可能性があるなら240gと少し重量はありますが、Anker PowerCore 13000が個人的にはおすすめです。

…買わねば。

スポンサーリンク

35
17
0
11
36
1028
登山で使用するモバイルバッテリーの選び方

この記事が役に立ったらいいねをしよう!

Facebookで最新情報をお届けします。

関連記事

現在使用中の登山装備