同じカテゴリーで読まれている記事

乗鞍岳登山道クラウドファンディングサポーターの募集

0
0
0
0
0
610

乗鞍新登山道整備のご協力のおねがい
2016年7月8日(金)に行なう奥飛騨温泉郷平湯温泉から乗鞍岳への登山道の整備サポーターをクラウドファンディングで募集します。登山道整備にご興味のある方は是非ともご協力のほどよろしくお願いします。

標高3026mの北アルプス乗鞍岳へと至る登山道の倒木の撤去・登山道の整備・階段足場の設置などが主な内容となります。

クラウドファンディングページへ

乗鞍新登山道

乗鞍新登山道

乗鞍新登山道は乗鞍岳から平湯温泉平湯温泉を見下ろし、焼岳・笠ケ岳・槍ヶ岳に続く西鎌尾根を望む最高のロケーションです。平湯温泉現地の人が登山者のために国と交渉の上、景観が素晴らしい道を選んで作った歴史があります。

しかし整備が不十分なため、認知度は低く登山地図にも記載されることが少ない「知る人ぞ知る登山道」です。
中級者以上は平湯温泉からの標高差1500mの登りに挑戦し、初心者は乗鞍岳までバスで行き下山のみの利用ができます。

登山口は平湯温泉のすべての旅館から歩いて行ける距離にあり、3000m峰の乗鞍岳へつながる登山道です。平湯温泉から登ることもできれば、乗鞍スカイラインの畳平付近のバス停で下車して下りのみにも使用できます。

乗鞍新登山道を整備してメジャーな登山道へ

乗鞍新登山道をメジャーにする

乗鞍岳に至る道路である乗鞍スカイラインの標高2700m地点・桔梗ヶ原にバス停が設置される予定です。乗鞍新登山道の登りの出口 / 下りの入り口であることから、これを機に登山者の増加が見込まれます。

しかし総人口100人にも満たない平湯温泉の私達が登山者の方々ができることは、町内会で集めた予算を使い、毎年1箇所の登山道の補強工事と、倒木などの撤去のみです。

このままだと増加が見込まれる登山者の方に安全な登山道を使っていただくことができません。

立ち上がった山岳業界

一般の方々にはマイナーなルートですが山岳業界では素晴らしい登山道であるということが知れ渡っています。

「乗鞍新登山道を整備する」

その一言で登山メーカーであるMAMMUT・finetrackを始めとした多くの登山メーカーが立ち上がりチームを組みました。登山メーカー勤務の多くの社員の方々が会社を代表して有志で登山道整備スタッフとして当日共に作業にあたります。

現在MAMMUT・finetrack・フィールドアンドマウンテン・地球丸の当日整備スタッフとしての参加が内定しております。

登山フリーペーパー「山歩みち」を発行しているフィールドアンドマウンテンとも協力体制を取り情報発信を行います。乗鞍新登山道をより多くの人に知ってもらうため、この登山道を利用したツアーも2016年秋に開催予定です。

登山道を創った1人になる

登山を「楽しむ」登山者の立場から「作る」という立場に変わります。
どのようにして登山道ができあがっていくのか、触れる機会がなかった体験をご提供できたらと考えています。

登山メーカーさんの社員の方々も参加されますので商品の使い方や登山に関するプロの意見を聞くことができます。

当日はfinetrackのドライレイヤースキンメッシュをご提供したします。使い方や商品説明をfinetrack社員の方が自ら行い、一緒に登山道を整備をします。

平湯温泉×MAMMUTコラボレーションタオル

頭に巻ける長さのスポーツタオルを開発予定です。平湯温泉のカラーである日本の伝統色「紺碧」にロゴマークを入れる予定です。ロゴの大きさは15cm程度を予定しています。

当日いらっしゃることができない方にも、平湯温泉とMAMMUTからのお礼としてオリジナルのスポーツタオルを作りプレゼントいたします。これは平湯温泉の乗鞍新登山道のご支援をいただいた方にしかご提供しないもので、共に登山道を整備した証です。

色監修は世界インキシェアNo1を誇るDICグループのDICグラフィックス株式会社が行います。タオルの色は平湯温泉のカラー「DIC日本の伝統色:紺碧」を使用します

山を愛する人たちで乗鞍新登山道を創り、北アルプス登山の拠点地・平湯温泉の登山の街づくりを行うパートナーを増やすことができたら嬉しく思います。

安全な登山道を作るための資金が必要

標高2500mを超える登山道は雪と風の影響で倒木や地すべりが多発します。登山者が多くなる夏前に安全確認と整備を行いますが、資材を調達する資金も、人材も不足しています。

今回のクラウドファンディングを乗鞍新登山道の整備資材の購入費・整備のスタッフ費・登山道プロモーション費・報告書作成と送付費に充てたいと考えております。

登山道整備は何をやるの?

朝8:00~16:00を予定しています。昼食のお弁当はこちらでご用意いたします。また整備後には平湯温泉と登山メーカー・サポーター皆様での懇談会をします(バーベキュー予定)

6月上旬に現地スタッフが事前調査し、整備箇所を決定します。7月8日(金)の登山道整備で整備箇所まで登りチーム・下りチームに分かれてアプローチします。サポーターの方には2700m地点までバスでアプローチしていただき、下りルートを使用していただくことを考えております。整備内容は倒木の撤去や階段や足場の工作、水はけの悪い箇所を板で補強等になります。

登山道整備参加者の方には木製の資材を1~複数を背負っていただき、現場まで運んでいただきます。希望者には整備前日に彫刻刀とマジックをお渡ししますのでご自分の名前を刻んでください。

※登山整備の詳細に関しましてはプロジェクト終了後、実行者よりご連絡いたします。
※現地までの交通費に関しましては別途ご負担ください。

北アルプスの登山道ですので山岳保険未加入の方は短期保険の加入を推奨いたします。当日は2700m地点からのアプローチを予定しています。

天候次第で10℃以下になりますので、普段の登山装備に防寒具とレインウェアを必ずお持ちください。

リターンの内容

  • 活動報告書
  • 山と渓谷社山の日応援キャラクター「ヤーマン」ステッカー
  • MAMMUTステッカーセット
  • finetrackドライレイヤースキンメッシュ
  • MAMMUT×平湯温泉共同制作スポーツタオル

※乗鞍新登山道整備参加の詳細(宿泊・整備当日)は6月末に実行者よりご連絡致します。
※ノベルティ・プロダクト発送は2016年9月を予定しております。
※活動報告書はノベルティ・プロダクトと同封で書面にてお送りします。

平湯温泉とは

平湯温泉

奥飛騨温泉郷平湯は山を愛する人達にとっては特別な地ではないでしょうか。「北アルプスの十字路」と呼ばれ、上高地に日本一近い槍ヶ岳・穂高連峰の登山拠点地です。

平湯温泉は2015年から登山者のための温泉地にするため、山岳関係者と共に街づくり・WEBサイト作りをしています。現在は山荘・登山メーカー・メディアと様々な関係者と共同事業をしている日本でも数少ない登山の街です。

日本一の満足度を誇る温泉地

日本一の満足度の奥飛騨温泉郷

平湯温泉を擁する奥飛騨温泉郷は、2015年度じゃらん温泉地満足度ランキング1位を獲得した日本一の露天風数を誇る温泉地です。

中でも平湯温泉は多くの登山者の皆さまを北アルプスに送り出し、また下山した方々を湯と食で癒やしてきました。私達の生活は湯を湧き出す山と、山を愛する人・登山者のおかげで成り立っていると言っても過言ではありません。

ノベルティやプロダクトのリターン

クラウドファンディングのリターン

MAMMUTのステッカーセット・山と渓谷社の山の日応援キャラクターヤーマンステッカー・finetrackのステッカーなどの非売品のノベルティを各社からプレゼントします。

finetrackからは登山の新常識ドライレイヤーを格安でサポーターの皆さまにご提供するプランも用意しました。登山道整備参加には当日ドライレイヤーを着ていただき、finetrac社員自ら機能や使い方をご説明します。

協賛・協力メーカー

  • MAMMUT SPORTS GROUP JAPAN
  • finetrack
  • モチヅキ(MSR・プラティパス・サーマレストなどの輸入代理店)
  • フィールドアンドマウンテン(フリーペーパー山歩みち)
  • 山と渓谷社
  • 高山信用金庫

クラウドファンディングページへ

スポンサーリンク

0
0
0
0
0
610
乗鞍新登山道整備のご協力のおねがい

この記事が役に立ったらいいねをしよう!

Facebookで最新情報をお届けします。

関連記事

現在使用中の登山装備