同じカテゴリーで読まれている記事

超重量の85mm単焦点。SIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art 実写レビュー

0
0
0
0
1
610

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art

開放から凄まじいシャープネスを誇り、86mmの大口径によりボケが美しい一眼レフ交換レンズSIGMA 85mm F1.4 DG HSM Artを機材の一つに加えました。

購入するきっかけになったのは最近の撮影のポートレートで105mmマクロと70-200mm F2.8で撮影したところ使い勝手があまり良くなかったこと。背景の処理をきれいにするのであればやはり中望遠でF2以下の絞りが欲しいと思ったからです。

また大口径のボケと極浅の被写界深度の組み合わせはネイチャーフォトでも使えるかもしれないと思ったのでとりあえず購入してみた経緯です。

他社の85mm単焦点レンズとの比較

モデル SIGMA 85mm F1.4 Art Nikon 85mm F1.4 Canon 85mm F1.2
重量 1130g 595g 1025g
レンズ構成 12群14枚 9群10枚 7群 8枚
絞り羽枚数 9枚 (円形絞り) 9枚 (円形絞り) 8枚
最小絞り F16 F16 F16
最短撮影距離 85cm 85cm 95cm
最大撮影倍率 0.11倍 0.11倍 0.11倍
フィルターサイズ φ86㎜ φ77㎜ φ72㎜
最大径 × 長さ Φ94.7mm × 126.2mm Φ86.5mm × 84mm Φ91.5mm × 84mm
定価 実売11万円 実売 16.5万円 実売 17万円

レンズ構成は圧倒的にSIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art。レンズの良し悪しはレンズの構成や素材で決まるわけではありませんが、レンズ構成はSIGMAがダントツで多い12群14枚。シャープネスと収差、ボケがどのようなバランスでまとまっているのか気になります。

そして重量。デカくて重い。なんとニコンのAF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gのおよそ2倍。携帯性や取り回しで考えれば最悪です。とにかく高画質な写真が欲しい人にターゲットを絞っているのかもしれません。

SIGMA Artシリーズのシックなデザイン

sigma-85mm-f1.4-art-のフォルム

レンズフードはクセのないデザインをしていてレンズとの一体感は良好です。フードはしっかりと固定されますので、使用中に落ちるといったことはありません。
sigma-85mm-f1.4-art-のフォーカス切り替え

AFスイッチはマニュアルフォーカスとオートフォーカスの切り替えのみ。シンプルな構成です。

sigma-85mm-f1.4-artのフォーカス表示

フォーカスや撮影距離の数値系も黒と白のツートーンでシンプルにまとまっています。仕事道具感が出ていて好みなデザインです。

ポートレートで試写

クラウドファンディングで彼氏を募集したことで話題になったたけべともこさんとぱくたそコラボ企画「私、恋人ができました。フリー写真素材」の撮影にSIGMA 85mm F1.4DG HSM Artのテストを兼ねて参加しました。85mm F1.4 Artの特性が知りたかったのでほとんどF1.4かF1.8で撮影しています。

https://www.pakutaso.com/sweetheart.html

SIGMA 85mm f1.4 Artでのポートレート撮影

逆光のでの撮影も解像性能じゃ高く、髪の毛1本のディテールをきれいに残してくれます。F1.4開放で撮ると丸ボケが大きく出ますので、シチュエーションに合わせた使い方を考えたほうが良さそうです。とにかく背景をボカせばいいという撮り方をすると背景がうるさくなってしまうかもしれません。

SIGMA 85mm f1.4 Artでのボケかた

光源がない背景ではホントにきれいなボケ方をします。
背景が花壇とかですと色彩豊かながらも主題の被写体を邪魔しない画が作れます。

SIGMA 85mm f1.4 Artでのスナップ撮影

1段絞ったF1.8での撮影。多くの開放F1.4のレンズは浅い被写界深度だけれども画質が悪く、実質F1.8からでないとシャープネスが出ないという問題が提起されることがあります。

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art も当然シャープさは向上しますがF1.4に比べて格段に画質があがるとの印象はありません。そう考えると開放F値1.4の性能は秀逸です。

SIGMA 85mm f1.4 Artの被写界深度の使い方

少し寄ってとっても86mmの大口径・85mmの画角・F1.4の浅い被写界深度の恩恵で主題が作りやすく絵作りの幅が広がります。このあたりは105mm F2.8のマクロレンズや70-200mm F2.8などのレンズでは代替ができない魅力です。

寄りでの撮影はピントに注意

SIGMA 85mm f1.4 Artでの寄りの撮影

85mm F1.4で寄っての撮影は被写界深度が極浅です。ちょっでも動かれるとピントを外しますので撮影方法を考える必要があります。

今回はたけべさんには撮影時には動いてもらっている中で撮影するパターンと、ポーズをして止まってもらうやり方をしましたが、やはりF1.4で動いているシーンの撮影はピントを外すことが多くありました。

AF-SかAF-Cか

私が動く被写体を撮影するときに使う撮影方法は2種類あります。一番精度の高い中央のAFでピントを取ってから即座に構図を作ってシャッターを切るやりかた、もう一つはNikonのAF-Cの3Dトラッキングを使用しての撮影方法。

結婚式など被写体が動く人物で浅い被写界深度で撮影するときはAF-Sでピントを撮ってから構図を作ります。人物撮影の基本は眼にピントを合わせることですので、AF-Cでのフォーカスの自動追尾はその周辺の髪の毛や服にピントがずれてしまうことが多く、今回のポートレート撮影でも同じ結果となりました。

室内での撮影

SIGMA 85mm f1.4 Artでの室内撮影

F1.4の明るさなら室内くらい状況でもISO400 / シャッタースピード1/100程度が使えるシーンが多くあります。赤ちゃんがいる家庭、猫を飼っている人が気軽に撮影できるレンズとしては貴重なものだと思います。

SIGMA 85mm f1.4 Artでの猫の撮影

85mmの画角、最短撮影距離が85cmであることから寄って撮ることには向いていません。その場合はトリミングを前提とした撮影方法も良いかもしれません。

SIGMA 85mm f1.4 Artでの部屋の撮影

85mmの画角は「切り抜く」という感覚になります。その中でも奥行き感を出すための被写界深度の使い方ができるのが85mm F1.4の特有の使い方かもしれません。密集している要素で主題副題を分けたり、スポットの被写体を目立たせたりという使い方では重宝しそうです。

デカくて重いが解像力とボケは秀逸なレンズ

SIGMA 85mm f1.4 Art実写レビュー

85mm F1.4mmのレンズではダントツで重量があり構成レンズ枚数も多いため、写りは秀逸でした。解像感も高くボケもキレイ、収差も少ない、最高です。…重いことを考えなければ。

単焦点の85mmのレンズで1,130g。取り回しは悪く持ち運びにも向いているレンズとは言えません。バッテリーッグリップを普段から装着している人なら気にならないことかもしれませんが、コンパクトなボディに装着して持ち歩くには少し抵抗のある大きさと重さです。

重さと大きさは気にならない、とにかく最高画質が欲しい方には相性がよいレンズです。
そういう意味ではプロユースにSIGMA 85mm F1.4 DG HSM Artは最適なレンズかもしれません。

価格も11万円くらいなのでコストパフォーマンスでは他社を圧倒するレンズです。
条件に合う人であればおすすめできるレンズです。

スポンサーリンク

0
0
0
0
1
610
SIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art

この記事が役に立ったらいいねをしよう!

Facebookで最新情報をお届けします。

関連記事

現在使用中の登山装備